2014/1/24

地産地消コンテスト

大変遅くなりましたが、毎年11月に行われる「地産地消料理スウィーツコンテスト」のご紹介。

コンテスト当日まで、レシピ考案から試作など含めて授業時間も使って、しっかりメニュー開発をしてもらいます。

もちろんありがちなものを作るのではなく、新しい発想で料理やスウィーツを考案する、という目標で行っている行事です。

もちろん商品となる完璧なものを生み出すのは難しいですが、テーマとなる食材を提供して頂ける地元の農協や農業団体からも、キラリと光る発想を期待されています。

ちなみに結果のネタバレにもなりますが、優秀者には市内の店舗で実際に商品として販売されます。

こちらが今年度のバロン賞(野菜スウィーツバロンでの販売)製菓衛生師本科2年、高橋香里さん。

またコスタリカさん(豊橋市役所13F)でも販売しました。

というわけで、当日は一日かけて作品作り、審査などを行いました。

そんな様子をどうぞ。
制作中。

試作を重ねてできた作品はコチラ。
上位入賞の作品たちです。

皆様、著作権がございますので、引用・盗用はご遠慮下さい(笑)

全力で考え、調理した学生の皆さんにとっては、この経験は必ず今後生きてくると思います。

ホームへ先頭へ前へ戻る