2012/04/05

在校生へインタビューしてみました!
在校生へインタビューしてみました!

【調理師科】フードビジネスは独立開業のヒントになることが多い

柄澤知宏さん(社会人を経て)調理師科1年生:平成22年度

柄澤知宏さん
柄澤知宏さん

Q. どうして本校に入学を決めたのですか?
A. 車の整備の仕事を長い間やっていましたが、将来的にあまり期待できるものがなく、資格を生かした仕事を考えるようになりました。食べることが好きだったので、自然と調理の世界に興味が湧き、その中で名古屋や浜松の学校も考えたのですが、自分の住む東三河に唯一の学校であり、また施設も新しかったので、ここに決めました。
Q. 入学してみてどうですか?
A. 調理実習の時間は多いですが、1年コースということもあり、毎日違うメニューを調理します。ですので料理を作れるようになるというよりも、知識をしっかりと学び、あとは自分でどんどん努力して作っていかないと成長しません。ただ、教科科目も含めて、知識はしっかりと覚えられるので、それを活かしていきたいと思っています。
Q. 自分にとって一番身になった授業はなんですか?
A. フードビジネスは独立開業のヒントになることも多く、また具体的なものなので勉強になります。また衛生法規などで、食の安全、衛生面の大切さを学びました。
Q. 将来の夢はなんですか?
A. 入学前は西洋料理に興味がありましたが、勉強しているうちに伝統的な日本料理に西洋のエッセンスを取り入れた創作料理に興味が出てきました。将来は独立して飲食店の経営をしてみたいので、就職も大きなホテル等よりも、個人店に近い形で、仕入れから原価計算等もしっかりと学べるところで勉強をしてみたいです。

ホームへ先頭へ前へ戻る