2012/4/5

【調理師科昼間部】もう1年豊調へ通ってもっと学びたいくらいでした

大場梨可さん(キッチン:わび助 勤務)調理師科昼間部29回生

大場梨可さん
大場梨可さん

Q. 豊調に入学した動機は?
A. 料理が好きだったので。
高校を中退して先を見失っていた自分を見かねた母に勧められ、半ば強制的に……一年間続けられるか自信がなかったものの、終わってみたらあっという間で、逆にもう一年通いたいぐらいだった。行って本当によかったと思った。幅広い年齢層の中でアットホームな感じが良かった。
Q. 豊調で学んで役だったことは?
A. 桂むき、基本切り、魚のおろし方など、基本をしっかりと学んだおかげで就職後すぐに役に立った。
専門調理師の試験を受ける際、学科試験が免除だったので、楽だった。
実習のレシピが賄いの役に立った。
Q. 心に残るエピソード
A. 実習の講師の先生方はみんなとても親身になって指導してくれたし、ユーモアもあり、授業はいつも楽しかった(特に山本勝廣先生のファンだった)。
実習で作るものは全ておいしく、家でもよく実践していたら、家族にもとても喜ばれた。
父が釣り好きなので、私が魚の調理ができるようになって、重宝されている。
学校で基本を学び、就職先で更に技術が磨かれ、速さも身についた。
卒業作品展でパブリック賞がもらえた。
卒業後も度々、就職や転職の世話をしてもらった。
Q. 後輩へのアドバイス
A. 料理が好きな人、とよちょうで知識と基本技術を身に付けると、いろいろと挑戦してみたくなって、更に料理も好きになり、仕事としての可能性も広がります。
技術を身に付けると自信にもつながります。
楽しい行事がたくさんあり、貴重な体験もたくさんできて、本当に行って後悔はないです。
Q. 得意料理
A. 和食(特に煮魚)
Q. 好物
A. 豆、芋全般(特にあんこ)、寿司

ホームへ先頭へ前へ戻る