2012/10/5

在校生へインタビューしてみました!
在校生へインタビューしてみました!

【調理師本科】楽しみながら料理を学び、しっかりとした技術を習得できます!

大井 愛結美さん(浜松湖南高校卒・湖西市)調理師本科1年(平成24年度)

大井愛結美さん
大井愛結美さん

Q. 入学してみて学生生活はどうですか?
A. この学校のポリシーである「とにかく楽しい気持ちで料理やお菓子を作ること」、これを意識して学んでいます。自分が楽しまないで作った料理は食べてもらった相手に絶対に喜ばれません。おもてなしの心も必要ですが、まずは自分が料理を楽しむ、学校を楽しむ、そういう気持ちが一番大事だとわかったので、常に心がけています。
実際に授業は実習だけではなく、地元自治体のイベントに地産地消をテーマに参加したり、学内で一度に100人前ものランチを作り、提供する「とよちょうレストラン」、大根のかつらむきなどの基本的な包丁技術をクラスメイトと競い合う「学内コンテスト」など「楽しみながら学べる」授業が多いので、自然とそういう気持ちになれる気がします。
Q. 将来の夢を教えて下さい。
A. 私は4人姉妹の一番上なんですが、家でも妹たちと一緒に料理を作ったり、お菓子を作ったりしています。将来は、できれば姉妹4人で一つのお店をやってみたいと思っています。そのためにも自分が引っ張っていけるように、しっかりとした技術を身に付けたいと思っています。豊橋調理製菓専門学校は就職サポートが充実していますし、卒業後の転職やキャリアアップのフォローもしてもらえるので、自分の夢に向けて、一番の近道を選択できるように、常に学校と相談しながら進んでいきたいと思っています。
Q. 調理師・シェフを目指す後輩たちにメッセージをお願いします。
A. 豊橋調理製菓専門学校なら、入学後にしっかりとした技術を習得でき、和・洋・中・製菓と比較的まんべんなく勉強することができます。もちろん基本的なものから徐々に学んでいくので、入学してからでも遅くはないですが、もし余裕があれば、入学前から少しでも包丁に慣れておくことが必要だと思っています。家で手伝いをしながらでも、飲食店でアルバイトしながらでもいいですが、包丁に慣れておくだけで、余裕を持って学校で授業に臨めます。この学校は就職の心配をする必要がないですし、和・洋・中の方向性はゆっくりと考えることができます。そのぶん、基本技術の習得に力を注ぐことができますし、逆に言えばそこで一番差がでるのを肌で感じています。少しでも多く包丁に触れ、また「料理を作る楽しさ」に触れてもらうことを期待します。

ホームへ先頭へ前へ戻る