2012/4/12

学校長あいさつ

校長 鈴木良昌

校長 鈴木良昌
校長 鈴木良昌

豊橋調理製菓専門学校の学生さんは、料理や製菓(ケーキ・パン)のことをもっと知りたい、作ってみたい、おいしいものをたくさん食べたい!! という人の集まりであると思います。元板前であるわたしの考えとして、調理・製菓のエキスパートになる為に、この学校で学ぶことのできる3つのポイントがあります。
一つは、調理や製菓の技術を身に付けることです。当校では現役のプロの先生方が、現場で必要な基本から応用までを丁寧にお教えします。
二つ目に、食の安全・安心、健康の大事さです。目に見えない食中毒菌にどうしたら対処できるか、食材本来の味覚、栄養を学び、素材を生かした健康的なバランスのいいメニューを考案できるような感性を磨いていきます。
三つ目は、食べ物を作る時の心構えですね。皆さんは家族を、彼氏を、彼女を愛したことがありますか? その時、相手に何かしてあげたいと思いませんか? それが人情ですね! おいしいものを作ってあげたい、健康になってもらいたい、このような「おもてなしの心」を持って食べ物を作ることを教えていきます。
当校は東三河唯一の調理・製菓学科を併設する食の総合専門学校です。東三河の飲食店のオーナーの方々、プロの調理師の方々の応援を受けて、40年前に設立致しました。ゆえに就職や転職についてのフォローには自信を持っております。地元の関係団体の皆さんとともに、東三河の食のオピニオンリーダーとして進んで行こうと思っています。

調理士職業紹介責任者
中部日本料理研究会豊隆会 会長
豊橋調理製菓専門学校 校長  鈴木良昌

ホームへ先頭へ前へ戻る