2012/4/12

理念・目的・目標

料理を味わうよろこび、料理を作るよろこび。
料理の真髄を伝えていきたい。

校長 鈴木良昌
校長 鈴木良昌

本校は調理に関する専門の知識と技術を修得させ、健全にして有為な職業人を養成することを目的とし、昭和48年4月に、豊橋調理師会・中部日本料理研究会豊隆会などの協力により豊橋調理師専門学校として設立されました。以来、卒業生も3,100余名を数え、三河周辺をはじめ関西関東の一流ホテル、料理店、レストラン、製菓・製パン、喫茶・軽食店などに就職し、各職場で大変活躍しています。本校は男女共学、厚生労働大臣指定・愛知県知事認可の調理師・製菓衛生士養成専門学校で、調理師科では、卒業と同時に調理師免許が取得できます。調理・製菓実習、教科を担当する教授陣は、現在業界で活躍されている超一流の方ばかり。永い年月をかけて会得した調理・製菓の真髄を教授します。就職についても、生徒の希望や適性を第一に考えキメ細かな指導に努めています。もちろん、卒業後の自立・転勤・人生相談などあらゆる面の相談にも親身になってお世話いたします。学校・関係団体・卒業生の密接な関係は広く業界の注目羨望の的となっています。

ホームへ先頭へ前へ戻る