2012/4/12

入学を希望される方の保護者の方へ

高校を中退してしまいました。手に職をつけて就職したいと考えていますが、高校の卒業資格は欲しいと思います。両方取得することは可能ですか。

本校には中学卒業の方でも入学できる夜間部があり、2年間で調理師免許を取得することができます。また通信制の高校と業務提携をしており、本校に通いながら、高校の卒業免許を取得することも可能です。

クラーク記念国際高等学校

学費について支払時期や費用等を教えて下さい。

本校では必要な学費については、学費、諸費用を合わせた形で募集要項に明記しております。
コチラから募集要項をご請求下さい。

明記された金額以外の寄付金等は頂いておりません。支払時期ですが、入学前⇒入学金+前期分学費、8~9月⇒後期分学費をそれぞれ納めて頂きます。また調理師本科、調理師科夜間、製菓衛生師科の2年次については、3月⇒前期分学費、8~9月⇒後期分学費そ納めて頂きます。また追試、補講のある学生、各資格受験をする学生は、別途費用が必要となります。

■提携教育ローン制度について

本校は株式会社オリエントコーポレーション(以下、オリコ)と提携し、学費納入の際に利用できる『学費サポートプラン(本校提携教育ローン)』を導入しております。
これは、学費をオリコが立て替えて本校に納入し、保護者様から多様な返済方法(在学中は利払いのみ等)によりオリコへ返済していただく制度です。詳しくは下記のリンク先をご参照いただくか、学費サポートデスクへお問合せ下さい。

詳しいご案内・WEBからのお申し込みはこちらから
【学費サポートデスク 0120-517-325 (9:30~17:30)】

卒業後すぐに免許は交付されるのですか?

調理師免許については、卒業後、本校より県へ申請し交付されます。製菓衛生師については、1年課程終了後、受験資格が得られますので、2年時に製菓衛生師試験に挑戦してもらいます。合格後は個人で保健所へ登録申請することにより免許が交付されます。

料理の経験がなくても大丈夫ですか?

まったく心配いりません。生徒のほとんどが包丁を持つのもはじめて!という人ばかり。
全員が包丁の使い方からスタートし、できるまで繰り返し練習し技術を身につけていきます。

女性でも調理のプロになれますか?

調理の仕事は非常に体力を使うため、これまでは男性優位でした。また、調理の現場も師弟制度的な厳しい縦社会で女性を敬遠する風潮がありました。
しかし、最近では調理技術や器具が進歩したことから女性でも無理なく仕事をこなすことができるようになり、待遇的にも男女の差はなくなってきました。

調理製菓専門学校ではどんな勉強をするのですか?

調理師科については、調理実習に重点を置き、西洋・中国・イタリア・日本料理をまんべんなく、基本から応用まで学びます。その他に、栄養学、食品学、衛生学、食文化等調理師として必要な知識も同時に学んでいきます。
製菓衛生師科については、製菓実習に重点を置き、洋菓子・和菓子・製パン・喫茶メニューの基本を習うとともに、製菓衛生師として必要な知識を学び、国家試験合格を目指します。また、飴細工、チョコレート細工、マジパン細工など応用技術の授業もあり豊富な技術を習得することができます。

入学試験はどういった内容ですか?また過去問等はありますか?

入学試験は筆記(一般試験のみ)、作文、面接となります。筆記試験は一般常識問題、作文は複数のテーマから1つを選択してもらいます。過去問題集は特にありませんが、合否については面接試験を重視しています。

学力にやや不安があるのですが、無事に卒業し、免許取得できますか?

もちろん本人の努力が必要ですが、追試験や補講によってフォローしていくシステムになっています。学生1人ひとりのレベルに合わせ、できるようになるまで根気よく指導します。調理も製菓も技術を体得する要素が大きい分野なので、本人のやる気さえあれば必ず卒業し、免許を取得することができます。

卒業したら就職しないとダメですか?

卒業=就職というわけではありません。進学する学生もいます。また、すべての学生が正社員として就職するわけではありません。現在は、正社員という形で社員募集をしない企業も多数あります。本人が本当にやりたい仕事であれば、雇用形態に関わらず就労してみる事も大切だと考えます。

調理師免許、製菓衛生師免許を取得すると有利なんですか?

現在は免許がないと働けないわけではありませんが、免許保持者は、雇用者に信頼感と安心感を持ってもらえます。時代は確実に「資格」重視の傾向に向いています。今後、調理師免許・製菓衛生師免許を保持していることは必ずプラスになっていくと考えます。

製菓衛生師科はなぜ2年制のみなんですか?

1年次に国で定められた学科・実習のカリキュラムを履修することによって、翌年度夏から秋にかけての製菓衛生師国家試験の受験資格が得られます。2年次前半は製菓衛生師国家試験合格のための試験対策に重点を置き、絶対合格を目指します。その後は、製菓実習の時間を多く取り、応用技術の体得を目指します。このことからみても製菓衛生師科は2年制が最適だと考え、本校は2年制度を導入しています。

授業時間を教えて下さい。

昼間部は平日(月~金)9:00~16:20まで(その後HR等)
夜間部は平日(月~金)18:20~21:10まで
となります。

学生用の駐車場はありますか?

台数に限りがありますが、駐車場(有料)はあります。入学後駐車場についての説明会を開きますので、先着順にて契約可能となっています。

ホームへ先頭へ前へ戻る